国内初!「まつげがフサフサになる薬」 効き目と副作用は?

公開日: 更新日:

 まつげが薄い、本数が少ないと悩んでいる人向けの新処方薬が週明けの29日から日本で初めて発売される。

 その名は「グラッシュビスタ」(アラガン・ジャパン)。もともとは緑内障の治療薬を使っている人はまつげがフサフサになるという副作用に注目して開発されたもの。寝る前に上のまつげの生え際に塗るだけでOK。臨床試験での結果は上々で、この薬を使用した173人の8割は4カ月後にまつげの長さと濃さの印象度が改善されたという。

 女性にとってまつげは顔の印象を変えるための重要なアイテム。これまではまつげを長く、濃く、カールしているようにみせるため、マスカラを付けたり、まつげに人工毛を接着するエクステンションが当たり前だった。

 ただし、クレンジングでまつげが抜けたり、まぶたの皮膚に炎症が起きるなどのトラブルが多かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る