【日本すし学院】すしを握りたい!

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は、持ち帰りずしの人気店が運営する学びやです。

 手ごろな価格がうれしい江戸前ずしの「ちよだ鮨」。ある調査によると、利用客の9割以上が月イチ以上の割合で買い求めるヘビーユーザーだとか。首都圏で持ち帰りを中心に、回転、立ち食いのすし店を約220店舗展開していることもあり、身近な存在です。

 本社があるのは、築地のランドマークである聖路加タワー内。築地駅近くでは、職人を育成する「日本すし学院」を運営しています。

 2006年に開設した研修スタジオの内容や設備を充実させ、13年に開校したばかり。同業他社と比べると後発だそうですが、なかなかどうして。「すしの大衆化」を企業理念に掲げているだけあって、「もっと手軽な日常の食べ物としてすしを食べていただきたい。創業者の中島與七の代から続く志を継承し具現化するために、人材の育成も大事という思いで設立に至りました」(同社担当者の西山浩司さん)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る