• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【日本すし学院】すしを握りたい!

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は、持ち帰りずしの人気店が運営する学びやです。

 手ごろな価格がうれしい江戸前ずしの「ちよだ鮨」。ある調査によると、利用客の9割以上が月イチ以上の割合で買い求めるヘビーユーザーだとか。首都圏で持ち帰りを中心に、回転、立ち食いのすし店を約220店舗展開していることもあり、身近な存在です。

 本社があるのは、築地のランドマークである聖路加タワー内。築地駅近くでは、職人を育成する「日本すし学院」を運営しています。

 2006年に開設した研修スタジオの内容や設備を充実させ、13年に開校したばかり。同業他社と比べると後発だそうですが、なかなかどうして。「すしの大衆化」を企業理念に掲げているだけあって、「もっと手軽な日常の食べ物としてすしを食べていただきたい。創業者の中島與七の代から続く志を継承し具現化するために、人材の育成も大事という思いで設立に至りました」(同社担当者の西山浩司さん)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る