【多け乃】値段表記なしの深~いワケ

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は「魚がうまい!」で有名なこちら。

 料亭じゃないですよ。でもね、「有名企業のお偉い方が『うまい魚』を目当てに黒塗りの高級車で乗り付ける店なんだ」って、何度か聞いたことがあります。おまけにメニューは値段表記なし。入りづらさを感じるじゃないですか……。

 心配は無用でした。今年で創業75年を迎える「多け乃」さん。すりガラスの扉をガラガラと引き、一歩足を踏み入れると、そこは食いしん坊と飲んべえの楽園。通し営業なので、定食をガツンと食べるもよし、100枚は貼られているであろう短冊の中から選んだ一品料理をアテに酒を酌み交わすもよし! なんですから。

 初代の祖父が店を始めた時は甘味屋だったそう。海軍経理学校の校舎が近くにあった時代で、学生が多く通ってきていたとか。その後、2代目が、魚河岸の移転を機に市場の労働者向けに定食や丼物を扱う食堂兼居酒屋へと形態を変え、現在のようなスタイルへ。かつ丼や天丼(各780円)、オムレツ(500円)といった一部メニューの値段表記は、食堂がメーンだった頃の名残だそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る