• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【インド・ネパール創作料理 スリスティ】カレーとチーズナンとビールを1杯!

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は、在住・在勤の人々に愛されるエスニックです。

 新富町の駅近とはいえ、オフィスビルの地下で決して恵まれた立地とは言い難い。それでも、08年秋のオープンから7年、根強いリピーターに支持され続けています。隠れた(?)人気メニューから、その理由がわかるってもんで――。

 インド・ネパール創作料理の「スリスティ」。開店から16時まで注文できるお得なランチセット(950円~)もいいですが、噂の「チーズナン」(550円)をぜひ一度。ふっくらもちもちの生地の間に、た~っぷりとチーズを挟んだ一品。舌の肥えた食べ歩き女子たちから「リッチなチーズナン」とお墨付きを得たそうです。

 日本人の嗜好に合わせた、これまた人気のバターチキンカレー(1280円)を一緒に注文すれば大満足間違いなし。しか~し、あえてカレーをつけず、酒のアテにしてもウンマ~イ! 昼下がりに訪れた本紙記者の周囲には、職場の同僚と一緒にアルコールを引っかけているサラリーマンの姿も……。通し営業で、つまみ類も豊富ですからねえ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る