• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【松阪肉・総合食品卸「築地 丸勢」】まずは看板の「スタミナ弁当」から

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は、松阪牛を直送販売するこちら。

 う、美しい……。お目当ての「黒毛和牛 スタミナ弁当」(900円)は、ご飯の上一面にお肉が敷き詰められ、お供のだし巻き卵が2切れとキムチ、青菜の漬物が仲良く添えられた逸品でした。ああ、食欲をそそる見事なコントラスト。人気なのも分かるわあ。

「築地 丸勢」さんは、今年の「肉の日」(2月9日)に築地4丁目交差点と勝どき橋の中間地点にオープンしたばかり。そこは舌の肥えた食いしん坊が集まる街。瞬く間に「あそこのお弁当、うまいよ」とクチコミで広がり、本紙記者も足を運んだ次第です。

 そりゃあ、手頃なワンコイン弁当と比べたら値が張ります。でもね、黒毛和牛です、そんじょそこらの牛めしとはうま味が違います。味わいは上品ながら、ニンニクの効いたタレの味もしっかり。肉とご飯のバランスも絶妙で、考え抜かれたシンプルさを感じるわけですが、聞けばナットク。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る