【鳥藤】鶏の総合デパート

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。第86号は築地場外の鶏といえば、ここ。

 朝4時から8時半ごろまでは“戦場”だ。全国各地から1日何トンもの鶏を仕入れ、さばき、納品先ごとに梱包する。となれば、店内が繁忙になるのも当たり前。場外に数ある店の中でも一、二を争う賑わいを見せるのは鶏肉卸の「鳥藤」さんです。

 初代の鈴木藤吉さんが始めた鳥料理屋だから「鳥藤」。1907年、浅草六区界隈で産声を上げました。関東大震災で東京は火の海と化しましたが、鳥藤も例に漏れず。店が焼失したことをきっかけに新たな商機を求め、魚河岸の移転と時をほぼ同じく、ホームグラウンドを移したそうです。

 銘柄鶏、地鶏、ブロイラーと多種多様な鶏を、丸鶏のまま、あるいは部位ごとに仕入れ、あらゆるお客のニーズや用途に応える「鶏の総合デパート」。高い鶏だからグー、安いからノーなんて簡単な商売は致しません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る