【鳥藤】鶏の総合デパート

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。第86号は築地場外の鶏といえば、ここ。

 朝4時から8時半ごろまでは“戦場”だ。全国各地から1日何トンもの鶏を仕入れ、さばき、納品先ごとに梱包する。となれば、店内が繁忙になるのも当たり前。場外に数ある店の中でも一、二を争う賑わいを見せるのは鶏肉卸の「鳥藤」さんです。

 初代の鈴木藤吉さんが始めた鳥料理屋だから「鳥藤」。1907年、浅草六区界隈で産声を上げました。関東大震災で東京は火の海と化しましたが、鳥藤も例に漏れず。店が焼失したことをきっかけに新たな商機を求め、魚河岸の移転と時をほぼ同じく、ホームグラウンドを移したそうです。

 銘柄鶏、地鶏、ブロイラーと多種多様な鶏を、丸鶏のまま、あるいは部位ごとに仕入れ、あらゆるお客のニーズや用途に応える「鶏の総合デパート」。高い鶏だからグー、安いからノーなんて簡単な商売は致しません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る