PC8万台が感染…不正送金ウイルス「ボートラック」の恐怖

公開日: 更新日:

「ボートラック」と呼ばれる厄介な新型ウイルスがネット上で猛威を振るっている。警視庁は、4月から国内外で感染した8万2000台にウイルスを無力化するデータを送信。警察がウイルス対策データを送信し、被害防止に取り組むのは世界的にも例がないことだ。

 ボートラックは、「インターネットエクスプローラー」や「グーグルクローム」といったブラウザーに感染する。感染すると、利用者がネットバンキングにログインしただけでウイルスが勝手に動きだし、犯人が前もって指定した口座に不正送金されてしまう。そのため、使い捨ての「ワンタイムパスワード」では全く歯が立たないのだ。

 ボートラックのしわざとみられる被害は昨年146件にも上るという。恐ろしいのは、有効な対策がないことだ。ITジャーナリストの井上トシユキ氏はこう言う。

「ボートラックは見覚えのないメールを開いたり、怪しいアダルトサイトに接続することで知らず知らずのうちに感染します。同タイプのウイルスは他にもありますが、今回は8万2000台と、あまりにも感染台数が多い。警察が一斉駆除に躍起になるのもうなずけます。最近は1回の不正操作で消滅するタイプも出てきていて、シッポが掴みづらい。効果的な対策は特になく、不用意にメールを開けたり、怪しいサイトには接続しないよう心がけるしかありません」

 ネットサーフィン中、突然表示される英語のアラートに、無警戒に「OK」ボタンをクリックするのも危険だという。ひょっとしたら、アナタのPCもすでに感染しているかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る