日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

周辺機器メーカーが被害 PCウイルス感染防ぐ“3本の矢”

 パソコン周辺機器大手「バッファロー」のサイトにウイルスが混入したことが話題になっている。

 5月27日の午前6時から午後1時までに無線LANやハードディスクの更新ファイルをダウンロードしたパソコンに感染した恐れがあるという。対象は最大で856台だ。

「サーバーの管理を外部の会社に委託したところ、その会社のシステムがウイルスに攻撃されたようです。お客さまがソフトをダウンロードすると、ソフトを解凍するよう中国語の文字が表示されました。指示に従ってダブルクリックすると、セットアップファイルとして感染する仕掛けです」(経営企画部)

 昔からある「トロイの木馬」タイプのウイルスで、ネットバンキングのIDと暗証番号を盗まれる恐れがあるという。

 バッファローと同じ会社にサーバー管理を委託していた「HIS」と「JUGEM」も先週、同様のウイルス攻撃を受けた。こちらは閲覧しただけで感染したというから深刻だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事