周辺機器メーカーが被害 PCウイルス感染防ぐ“3本の矢”

公開日:  更新日:

 パソコン周辺機器大手「バッファロー」のサイトにウイルスが混入したことが話題になっている。

 5月27日の午前6時から午後1時までに無線LANやハードディスクの更新ファイルをダウンロードしたパソコンに感染した恐れがあるという。対象は最大で856台だ。

「サーバーの管理を外部の会社に委託したところ、その会社のシステムがウイルスに攻撃されたようです。お客さまがソフトをダウンロードすると、ソフトを解凍するよう中国語の文字が表示されました。指示に従ってダブルクリックすると、セットアップファイルとして感染する仕掛けです」(経営企画部)

 昔からある「トロイの木馬」タイプのウイルスで、ネットバンキングのIDと暗証番号を盗まれる恐れがあるという。

 バッファローと同じ会社にサーバー管理を委託していた「HIS」と「JUGEM」も先週、同様のウイルス攻撃を受けた。こちらは閲覧しただけで感染したというから深刻だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る