• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「カップヌードル」6年ぶり具材刷新 “謎肉”復活は吉と出るか

「復活キタ――!」などとネット上は大盛り上がりだ。

 1971年の発売からシリーズ累計販売300億個を超える日清食品の「カップヌードル」が6年ぶりにリニューアルされる。今週末あたりから順次、店頭に並んでいくというが、何が復活するかといえば、09年から姿を消していた“謎肉”だ。

 味付けした豚肉や野菜をミンチにしてダイス状に固めた具材のことで、製法などが謎なことから、ファンの間ではそう呼ばれてきた。

「正式名称は『ダイスミンチ』で、71年の発売からずっと入っていた。コクが売りのカップヌードルを象徴する具材だったのですが、09年春から角状のチャーシュー『コロチャー』に切り替わったのです。日清は当時『具材の強化』と説明していましたが、一部の熱狂的ファンからは『謎肉じゃなければカップヌードルじゃない』『もう買わない』と猛反発を買ったほどです」(経済ジャーナリストの岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る