「カップヌードル」6年ぶり具材刷新 “謎肉”復活は吉と出るか

公開日: 更新日:

「復活キタ――!」などとネット上は大盛り上がりだ。

 1971年の発売からシリーズ累計販売300億個を超える日清食品の「カップヌードル」が6年ぶりにリニューアルされる。今週末あたりから順次、店頭に並んでいくというが、何が復活するかといえば、09年から姿を消していた“謎肉”だ。

 味付けした豚肉や野菜をミンチにしてダイス状に固めた具材のことで、製法などが謎なことから、ファンの間ではそう呼ばれてきた。

「正式名称は『ダイスミンチ』で、71年の発売からずっと入っていた。コクが売りのカップヌードルを象徴する具材だったのですが、09年春から角状のチャーシュー『コロチャー』に切り替わったのです。日清は当時『具材の強化』と説明していましたが、一部の熱狂的ファンからは『謎肉じゃなければカップヌードルじゃない』『もう買わない』と猛反発を買ったほどです」(経済ジャーナリストの岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

  7. 7

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る