• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

妻の実家やパーティーに 東京駅では買えないGWの「手土産」

 まとまった休みを利用して、里帰りや友人らとホームパーティーを開くのも楽しい。もちろん、手ぶらじゃ礼を欠く。今回は東京駅では買えない、思いを込めた“ここ一番”の手土産を探した――。

「ご試食してみますか?」――。優しい問いかけの女性販売員が、一つ一つ丁寧に説明。

 金色のロゴが高級感を浮き立たせる「HACCI」のテーブルハニーは、健康志向の中高年世代への贈り物に喜ばれる。記者のお薦めはメキシコ産オレンジ(95グラム、864円)、スペイン産ラベンダー(95グラム、864円)だ。

「ギフトの需要が多く、パッケージもファッション性を高くしています。奥さまやご家族に贈る蜂蜜を選んでいる男性もいます。好みに合わせてバリエーションは複数揃えています」(同社広報担当者)

 妻の実家などへは別表の“のり缶”、子どもがいる家庭にはいま話題のポップコーンなどもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る