妻の実家やパーティーに 東京駅では買えないGWの「手土産」

公開日:  更新日:

 まとまった休みを利用して、里帰りや友人らとホームパーティーを開くのも楽しい。もちろん、手ぶらじゃ礼を欠く。今回は東京駅では買えない、思いを込めた“ここ一番”の手土産を探した――。

「ご試食してみますか?」――。優しい問いかけの女性販売員が、一つ一つ丁寧に説明。

 金色のロゴが高級感を浮き立たせる「HACCI」のテーブルハニーは、健康志向の中高年世代への贈り物に喜ばれる。記者のお薦めはメキシコ産オレンジ(95グラム、864円)、スペイン産ラベンダー(95グラム、864円)だ。

「ギフトの需要が多く、パッケージもファッション性を高くしています。奥さまやご家族に贈る蜂蜜を選んでいる男性もいます。好みに合わせてバリエーションは複数揃えています」(同社広報担当者)

 妻の実家などへは別表の“のり缶”、子どもがいる家庭にはいま話題のポップコーンなどもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  9. 9

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る