日本は米国より深刻 映画が暴く「遺伝子組み換え」の落とし穴

公開日:  更新日:

 遺伝子組み換え問題は日本が一番深刻だった――。

 映画「パパ、遺伝子組み換えってなぁに?」が話題だ。3人の子どもを持つジェレミー・セイファート監督が、消費者目線で遺伝子組み換え市場シェア90%のモンサント本社や、ノルウェーにある種を保管する“種子銀行”の巨大な冷凍貯蔵庫などを取材している。

 米国には、遺伝子組み換え食品(GMO)の表示義務がないため、各州で表示義務を求める運動が活発だという。映画本編に日本は登場しないが、他人事ではない。日本はGMO表示制度に関して世界から大きく後れを取っている。しかも、今後、TPPに参加すれば貿易障壁として、いまの食品表示さえ撤廃される可能性があり、そうなれば、消費者は遺伝子組み換え食品かどうか、全く知ることができなくなってしまう。

「日本はTPPに参加するため、どんどん基準緩和しています。枯れ葉剤やジカンバなどの除草剤をかけても枯れない遺伝子組み換え大豆を米国より先に承認したのが、その一例です。米国からの要求に沿って動いていると思われても仕方ありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る