• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本は米国より深刻 映画が暴く「遺伝子組み換え」の落とし穴

 遺伝子組み換え問題は日本が一番深刻だった――。

 映画「パパ、遺伝子組み換えってなぁに?」が話題だ。3人の子どもを持つジェレミー・セイファート監督が、消費者目線で遺伝子組み換え市場シェア90%のモンサント本社や、ノルウェーにある種を保管する“種子銀行”の巨大な冷凍貯蔵庫などを取材している。

 米国には、遺伝子組み換え食品(GMO)の表示義務がないため、各州で表示義務を求める運動が活発だという。映画本編に日本は登場しないが、他人事ではない。日本はGMO表示制度に関して世界から大きく後れを取っている。しかも、今後、TPPに参加すれば貿易障壁として、いまの食品表示さえ撤廃される可能性があり、そうなれば、消費者は遺伝子組み換え食品かどうか、全く知ることができなくなってしまう。

「日本はTPPに参加するため、どんどん基準緩和しています。枯れ葉剤やジカンバなどの除草剤をかけても枯れない遺伝子組み換え大豆を米国より先に承認したのが、その一例です。米国からの要求に沿って動いていると思われても仕方ありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る