• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

すぐに売り切れ必至 「ふるさと旅行券」魅力とお得な使い方

「ふるさと旅行券」が大ブームになっている。1日、岡山県の旅行券「晴れらんまん おかやまの旅」は約26時間で売り切れた。ブームに火をつけたのが、鳥取県が4月1日に販売した「プレミアム宿泊券とっとりで待っとるけん」で、1万4000枚が発売開始後わずか4分で完売したのだ。

 これらは国が15年度予算で交付した「地域住民生活等緊急支援のための交付金」を活用したものだ。で、気になるのはふるさと旅行券のお得度だ。

「事前に『ふるさと旅行券・ふるさと割』を購入すると、対象県に泊まる料金がざっと半額になります。全国のコンビニで発売されるものとネットで取得してそのまま宿予約に使えるものなどがあります」(旅行代理店関係者)

 遠方から予約するには、じゃらんやヤフートラベルなどネットで買えるものが便利だ。3日午後8時現在、18道県で「ふるさと旅行券」が売られている。旅行ライターの渡辺輝乃氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  5. 5

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  6. 6

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  7. 7

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る