• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

人気特産品は品薄 10分でできる「ふるさと納税」のイロハ

 ふるさと納税は、1月1日から12月31日までの間に行った自治体への寄付について、翌年に所得税と住民税が戻ってくる制度。

 新年のこの時期、寄付してくれたお礼に贈る特産品などをリニューアルする自治体は多く、数量限定の人気商品もあるので、なるべく早く手続きを済ませた方がいい。

 そもそも、ふるさと納税とは、自分が応援したいと思う自治体へ、所得税と住民税の一部を寄付すること。その際、2000円の手数料を取られるが、各自治体はその穴埋めとして、「瑞穂牛」(茨城県常陸大宮市)、「松葉がに」(鳥取県倉吉市)など、寄付額に応じてプレゼントをしてくれる。

■寄付先を知るには?

 寄付する先は、都道府県、市区町村のどちらでもよく、「ふるさと納税+総務省」でネット検索すれば、担当部署の電話番号やプレゼント内容まで分かる。よく誤解されがちだが、いま住んでいる自治体に寄付することも可能だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る