人気特産品は品薄 10分でできる「ふるさと納税」のイロハ

公開日: 更新日:

 ふるさと納税は、1月1日から12月31日までの間に行った自治体への寄付について、翌年に所得税と住民税が戻ってくる制度。

 新年のこの時期、寄付してくれたお礼に贈る特産品などをリニューアルする自治体は多く、数量限定の人気商品もあるので、なるべく早く手続きを済ませた方がいい。

 そもそも、ふるさと納税とは、自分が応援したいと思う自治体へ、所得税と住民税の一部を寄付すること。その際、2000円の手数料を取られるが、各自治体はその穴埋めとして、「瑞穂牛」(茨城県常陸大宮市)、「松葉がに」(鳥取県倉吉市)など、寄付額に応じてプレゼントをしてくれる。

■寄付先を知るには?

 寄付する先は、都道府県、市区町村のどちらでもよく、「ふるさと納税+総務省」でネット検索すれば、担当部署の電話番号やプレゼント内容まで分かる。よく誤解されがちだが、いま住んでいる自治体に寄付することも可能だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  2. 2

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  3. 3

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  4. 4

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  5. 5

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  6. 6

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  7. 7

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  8. 8

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  9. 9

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  10. 10

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る