過熱する「ふるさと納税」合戦…高額特典で寄付誘う悪ノリも

公開日: 更新日:

 応援したい自治体に寄付すると税負担が軽減される「ふるさと納税」。寄付者は実質2000円の負担で税金が軽減される上に全国の名産品までゲットできる。14年度の寄付総額は142億円と制度開始からの6年間で倍増した。

 今月から制度が拡充されたことでますます人気が過熱しそうだ。控除(減税)の上限額が個人住民税の約2割に倍増、寄付先が5自治体までなら確定申告の必要もなくなった。妻が主婦の年収500万円のサラリーマン世帯は住民税と所得税が減額される上限がこれまでの3万円から5万9000円に増える。

 税金が天引きされるサラリーマンにとっては「ふるさと納税」の減税も返礼品もウエルカムだが、ヒートアップする自治体の特典合戦を冷ややかに見る向きもある。

「ふるさと納税は自分の出身地や頑張っている自治体を応援する目的で始まりました。それがいつの間にか高額商品で寄付者をつり上げるブン捕り合戦になってしまった。コメや肉、海産物など地元の名産品を特典にすれば、自治体も知名度が向上して十分メリットがあると思いますが、とんでもない高額品を用意する自治体は本来の趣旨から逸脱していると思います」(政治評論家の伊藤達美氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る