日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

体重増加と関連性ナシ 仕事の「ストレス太り」ウソだった!?

 ストレス太りはウソだった!? 仕事のストレスが強いからといって太るとは限らない、という研究結果をロンドン大などの研究チームが発表した。

 研究チームは、体重増加との関連を調べた5論文の疫学研究データを解析。対象は日本人を含む約6万人分だ。その結果、仕事のストレスと体重増加との間に関連は見られなかったという。

 ストレスによる過食で太ったという話をよく聞くが、本人の思い込みだったのか。医学博士の米山公啓氏はこう言う。

「ロンドン大の研究結果は見ていませんが、ストレスと体重の関連は、男女、ストレスの強弱などによって変わるとみられています。一般的に女性はストレスを感じると過食になり、男性は食べられなくなる。とくに女性は失恋すると過食になりやすい。満腹中枢と女性ホルモンとの関係だと考えられています。また、ストレスが軽い場合は過食に、ストレスが強いと食べられなくなる傾向があります。ロンドン大の研究は、男女、強弱に関係なく調査した結果、体重増加とは関連がないという結論になったのかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事