【つきじ宮川廛】2代目が好んだうな丼を  

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。最終回は東京が誇る鰻の名店です。

 その名は「つきじ宮川本廛」。都内や神奈川で「宮川」の名を冠して店を構える「宮川のれん会」全12店舗の“総本山”です。11の支店は築地本店の「もとだれ」を分け与えられて開業。そこに地域や場所に応じた独自の味つけを加えているそうですが、「その中でも、山の手の店の味つけは、どちらかといえば、上品な甘口でしょうか」と言う4代目の渡辺安良さん(65)にお話を伺いました。

 創業者は千葉・袖ケ浦で神主の次男だった渡辺助之丞氏。いまはなき深川の鰻専門店「宮川」で修業後、同店の廃業にともない明治26(1893)年に築地橋のたもとで名跡を受け継いで、店を始めたそうです。現在の場所に店を構えるまで2回ほど、界隈でお引っ越しをしています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る