【つきじ宮川廛】2代目が好んだうな丼を  

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。最終回は東京が誇る鰻の名店です。

 その名は「つきじ宮川本廛」。都内や神奈川で「宮川」の名を冠して店を構える「宮川のれん会」全12店舗の“総本山”です。11の支店は築地本店の「もとだれ」を分け与えられて開業。そこに地域や場所に応じた独自の味つけを加えているそうですが、「その中でも、山の手の店の味つけは、どちらかといえば、上品な甘口でしょうか」と言う4代目の渡辺安良さん(65)にお話を伺いました。

 創業者は千葉・袖ケ浦で神主の次男だった渡辺助之丞氏。いまはなき深川の鰻専門店「宮川」で修業後、同店の廃業にともない明治26(1893)年に築地橋のたもとで名跡を受け継いで、店を始めたそうです。現在の場所に店を構えるまで2回ほど、界隈でお引っ越しをしています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る