• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【つきじ宮川廛】2代目が好んだうな丼を  

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。最終回は東京が誇る鰻の名店です。

 その名は「つきじ宮川本廛」。都内や神奈川で「宮川」の名を冠して店を構える「宮川のれん会」全12店舗の“総本山”です。11の支店は築地本店の「もとだれ」を分け与えられて開業。そこに地域や場所に応じた独自の味つけを加えているそうですが、「その中でも、山の手の店の味つけは、どちらかといえば、上品な甘口でしょうか」と言う4代目の渡辺安良さん(65)にお話を伺いました。

 創業者は千葉・袖ケ浦で神主の次男だった渡辺助之丞氏。いまはなき深川の鰻専門店「宮川」で修業後、同店の廃業にともない明治26(1893)年に築地橋のたもとで名跡を受け継いで、店を始めたそうです。現在の場所に店を構えるまで2回ほど、界隈でお引っ越しをしています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る