【伊藤海苔店】海苔ひと筋 作り手の顔が見える

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は場外市場の「かどっこの海苔屋さん」でお馴染みのこちら。

 波除通りと築地東通りがぶつかる角に店を構え、軒先の電柱広告「伊藤海苔店ここ」が目印。終戦直後から現在の場所で商いをしていて、「昔はドライブスルーのような感覚で立ち寄る板前さんたちが、何百枚単位の海苔の束をササッと買っていったそうです」。

 店舗面積1坪強と、お世辞にも広いとは言い難くても、海苔に対する思いはと~ってもアツイ!4代目見習い中の伊藤信吾さん(30)は、こう言います。

 東京・両国で海苔の卸問屋として産声を上げたのは1926年。昭和元年のことでした。初代の目利きぶりは同業者の間でも一目置かれ、「海苔問屋の伊藤海苔店」といえば誰もが知る存在、規模も関東で指折りだったそう。もっとも信吾さんの曽祖父にあたる初代は、信州下諏訪の出身。山あいで育ったのに、なぜ海苔屋さんに?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る