【伊藤海苔店】海苔ひと筋 作り手の顔が見える

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は場外市場の「かどっこの海苔屋さん」でお馴染みのこちら。

 波除通りと築地東通りがぶつかる角に店を構え、軒先の電柱広告「伊藤海苔店ここ」が目印。終戦直後から現在の場所で商いをしていて、「昔はドライブスルーのような感覚で立ち寄る板前さんたちが、何百枚単位の海苔の束をササッと買っていったそうです」。

 店舗面積1坪強と、お世辞にも広いとは言い難くても、海苔に対する思いはと~ってもアツイ!4代目見習い中の伊藤信吾さん(30)は、こう言います。

 東京・両国で海苔の卸問屋として産声を上げたのは1926年。昭和元年のことでした。初代の目利きぶりは同業者の間でも一目置かれ、「海苔問屋の伊藤海苔店」といえば誰もが知る存在、規模も関東で指折りだったそう。もっとも信吾さんの曽祖父にあたる初代は、信州下諏訪の出身。山あいで育ったのに、なぜ海苔屋さんに?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る