• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【伊藤海苔店】海苔ひと筋 作り手の顔が見える

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は場外市場の「かどっこの海苔屋さん」でお馴染みのこちら。

 波除通りと築地東通りがぶつかる角に店を構え、軒先の電柱広告「伊藤海苔店ここ」が目印。終戦直後から現在の場所で商いをしていて、「昔はドライブスルーのような感覚で立ち寄る板前さんたちが、何百枚単位の海苔の束をササッと買っていったそうです」。

 店舗面積1坪強と、お世辞にも広いとは言い難くても、海苔に対する思いはと~ってもアツイ!4代目見習い中の伊藤信吾さん(30)は、こう言います。

 東京・両国で海苔の卸問屋として産声を上げたのは1926年。昭和元年のことでした。初代の目利きぶりは同業者の間でも一目置かれ、「海苔問屋の伊藤海苔店」といえば誰もが知る存在、規模も関東で指折りだったそう。もっとも信吾さんの曽祖父にあたる初代は、信州下諏訪の出身。山あいで育ったのに、なぜ海苔屋さんに?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る