【築地八竹】老舗大阪寿司の宝石箱や~

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は関東では珍しい大阪寿司の名店です。

「八竹」と書いて「はちく」と読む。ちょっぴり変わった屋号の由来は3代目の和田昌弥さん(50)いわく、「正確なところは分かりません……」。創業者の祖父母が関西在住時に営んでいた店が「竹」にまつわる名を冠していた、な~んて話もあるそうですが、それも定かではないようです。

 先々代が「八竹」の暖簾を掲げたのは大正13(1924)年、場所は人形町でした。現在は四谷に親戚が営む「本家」があり、築地八竹は71年に2代目の父が独立したのを機に「姉妹店」として暖簾を掲げました。4年前までは明治神宮前交差点からほど近く、明治通り沿いの原宿にありましたが、道路の拡幅により、仕入れ先が築地にあったご縁でお引っ越し。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る