【築地八竹】老舗大阪寿司の宝石箱や~

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は関東では珍しい大阪寿司の名店です。

「八竹」と書いて「はちく」と読む。ちょっぴり変わった屋号の由来は3代目の和田昌弥さん(50)いわく、「正確なところは分かりません……」。創業者の祖父母が関西在住時に営んでいた店が「竹」にまつわる名を冠していた、な~んて話もあるそうですが、それも定かではないようです。

 先々代が「八竹」の暖簾を掲げたのは大正13(1924)年、場所は人形町でした。現在は四谷に親戚が営む「本家」があり、築地八竹は71年に2代目の父が独立したのを機に「姉妹店」として暖簾を掲げました。4年前までは明治神宮前交差点からほど近く、明治通り沿いの原宿にありましたが、道路の拡幅により、仕入れ先が築地にあったご縁でお引っ越し。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る