• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【築地八竹】老舗大阪寿司の宝石箱や~

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は関東では珍しい大阪寿司の名店です。

「八竹」と書いて「はちく」と読む。ちょっぴり変わった屋号の由来は3代目の和田昌弥さん(50)いわく、「正確なところは分かりません……」。創業者の祖父母が関西在住時に営んでいた店が「竹」にまつわる名を冠していた、な~んて話もあるそうですが、それも定かではないようです。

 先々代が「八竹」の暖簾を掲げたのは大正13(1924)年、場所は人形町でした。現在は四谷に親戚が営む「本家」があり、築地八竹は71年に2代目の父が独立したのを機に「姉妹店」として暖簾を掲げました。4年前までは明治神宮前交差点からほど近く、明治通り沿いの原宿にありましたが、道路の拡幅により、仕入れ先が築地にあったご縁でお引っ越し。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る