• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【築地八竹】老舗大阪寿司の宝石箱や~

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は関東では珍しい大阪寿司の名店です。

「八竹」と書いて「はちく」と読む。ちょっぴり変わった屋号の由来は3代目の和田昌弥さん(50)いわく、「正確なところは分かりません……」。創業者の祖父母が関西在住時に営んでいた店が「竹」にまつわる名を冠していた、な~んて話もあるそうですが、それも定かではないようです。

 先々代が「八竹」の暖簾を掲げたのは大正13(1924)年、場所は人形町でした。現在は四谷に親戚が営む「本家」があり、築地八竹は71年に2代目の父が独立したのを機に「姉妹店」として暖簾を掲げました。4年前までは明治神宮前交差点からほど近く、明治通り沿いの原宿にありましたが、道路の拡幅により、仕入れ先が築地にあったご縁でお引っ越し。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  5. 5

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  6. 6

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  7. 7

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る