【コミュニケーションギャラリー ふげん社】時代に左右されない価値ある一冊を

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は居心地のいい隠れ家です。

 水炊きの名店「新三浦」のちょうど裏手にあり、知らなければ、スルーしてしまう秘密基地のような立地。界隈で唯一のギャラリーを併設したブックカフェは、雑居ビル2階にあります。

 2014年11月22日に産声を上げた「ふげん社」。その名は、勤勉な象の上に乗っかり、苦行に耐える修行者たちを見守る普賢菩薩像にあやかって名づけられたそうです。さいたま市に本社と工場を構える「渡辺美術印刷」が母体。店は本業の営業窓口としても機能しているといいますが、印刷会社が本を売るのは全国でも珍しいそう。

 なんでまた? 新たな試みを行うに至った経緯には、日本特有の書籍ビジネスの現状が関係していました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  7. 7

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  8. 8

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

もっと見る