【コミュニケーションギャラリー ふげん社】時代に左右されない価値ある一冊を

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は居心地のいい隠れ家です。

 水炊きの名店「新三浦」のちょうど裏手にあり、知らなければ、スルーしてしまう秘密基地のような立地。界隈で唯一のギャラリーを併設したブックカフェは、雑居ビル2階にあります。

 2014年11月22日に産声を上げた「ふげん社」。その名は、勤勉な象の上に乗っかり、苦行に耐える修行者たちを見守る普賢菩薩像にあやかって名づけられたそうです。さいたま市に本社と工場を構える「渡辺美術印刷」が母体。店は本業の営業窓口としても機能しているといいますが、印刷会社が本を売るのは全国でも珍しいそう。

 なんでまた? 新たな試みを行うに至った経緯には、日本特有の書籍ビジネスの現状が関係していました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  4. 4

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  9. 9

    【Q】浴室で腐乱も…まわりに孤独死した人が何人もいます

  10. 10

    槇原逮捕で論争「世界に一つだけの花」が放送禁止になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る