【コミュニケーションギャラリー ふげん社】時代に左右されない価値ある一冊を

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は居心地のいい隠れ家です。

 水炊きの名店「新三浦」のちょうど裏手にあり、知らなければ、スルーしてしまう秘密基地のような立地。界隈で唯一のギャラリーを併設したブックカフェは、雑居ビル2階にあります。

 2014年11月22日に産声を上げた「ふげん社」。その名は、勤勉な象の上に乗っかり、苦行に耐える修行者たちを見守る普賢菩薩像にあやかって名づけられたそうです。さいたま市に本社と工場を構える「渡辺美術印刷」が母体。店は本業の営業窓口としても機能しているといいますが、印刷会社が本を売るのは全国でも珍しいそう。

 なんでまた? 新たな試みを行うに至った経緯には、日本特有の書籍ビジネスの現状が関係していました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  5. 5

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る