【コミュニケーションギャラリー ふげん社】時代に左右されない価値ある一冊を

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は居心地のいい隠れ家です。

 水炊きの名店「新三浦」のちょうど裏手にあり、知らなければ、スルーしてしまう秘密基地のような立地。界隈で唯一のギャラリーを併設したブックカフェは、雑居ビル2階にあります。

 2014年11月22日に産声を上げた「ふげん社」。その名は、勤勉な象の上に乗っかり、苦行に耐える修行者たちを見守る普賢菩薩像にあやかって名づけられたそうです。さいたま市に本社と工場を構える「渡辺美術印刷」が母体。店は本業の営業窓口としても機能しているといいますが、印刷会社が本を売るのは全国でも珍しいそう。

 なんでまた? 新たな試みを行うに至った経緯には、日本特有の書籍ビジネスの現状が関係していました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る