【Cafe Bar TIME】肉とワインとコーヒーと…

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は熟成肉でワインをイッパイ!

 オーナー店長の時任健一さん(37)いわく、「ゆっくりとくつろぎながら“時”を過ごしてもらいたい」との思いが込められた店。偶然(?)にもご自身の名字の一字でもあります。

 2013年1月29日にオープン。花屋さんだった店舗を全面改装し、「大人が落ち着ける空間づくりに徹しました」。築地~新富町~八丁堀界隈は、都内でも有数のワインバル激戦区。こちらも2000~3000円台を中心にワインを楽しめるお店ですが、あくまで、カフェバー形式にこだわります。ソファ席を配し、喫煙もオーケー。落ち着いた色調や天井が高いこともあってか、たしかに長居したくなるってもんで――。「1軒目だろうが、2軒目だろうが、トキさんは優しく出迎えてくれる」とは、ある男性常連客の声。仕事帰りに気の合う仲間とビール&ワインを楽しむそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る