• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【手焼き玉子焼き専門店 本玉小島】本物の玉子焼きしか並びません

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回はレトロなパッケージからして食欲そそるこちら――。

 手土産に持って行った先で、大人気。「どこの厚焼き?」と多くの人から聞かれました。1974年から場外に店を構え、創業以来、手焼きにこだわる逸品。「本中」と呼ばれる真ん中のサイズの厚焼き玉子です。お値段は580円ナリ――。上品な薄い焼き目に、卵の豊かなコク。調味料や出汁は必要最小限にとどめ、甘さもごくごく控えめ。それでいて食感は複雑で主張がある。

「その食感こそ、手焼きの特徴であり、醍醐味です。空気の含み具合が味や出来栄えを左右し、層をつくる。たとえるなら、手焼きはミルフィーユ。焼成機の玉子焼きはプリンのようなツルッとした食感に近いのではないでしょうか」

 とは、3代目見習い中の小島英朗さん(34)。いろいろとお話を伺いました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る