【手焼き玉子焼き専門店 本玉小島】本物の玉子焼きしか並びません

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回はレトロなパッケージからして食欲そそるこちら――。

 手土産に持って行った先で、大人気。「どこの厚焼き?」と多くの人から聞かれました。1974年から場外に店を構え、創業以来、手焼きにこだわる逸品。「本中」と呼ばれる真ん中のサイズの厚焼き玉子です。お値段は580円ナリ――。上品な薄い焼き目に、卵の豊かなコク。調味料や出汁は必要最小限にとどめ、甘さもごくごく控えめ。それでいて食感は複雑で主張がある。

「その食感こそ、手焼きの特徴であり、醍醐味です。空気の含み具合が味や出来栄えを左右し、層をつくる。たとえるなら、手焼きはミルフィーユ。焼成機の玉子焼きはプリンのようなツルッとした食感に近いのではないでしょうか」

 とは、3代目見習い中の小島英朗さん(34)。いろいろとお話を伺いました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  6. 6

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    田中のヤ軍再契約消滅 “病み上がり”2投手獲得で実力見切り

  9. 9

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

  10. 10

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

もっと見る