【手焼き玉子焼き専門店 本玉小島】本物の玉子焼きしか並びません

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回はレトロなパッケージからして食欲そそるこちら――。

 手土産に持って行った先で、大人気。「どこの厚焼き?」と多くの人から聞かれました。1974年から場外に店を構え、創業以来、手焼きにこだわる逸品。「本中」と呼ばれる真ん中のサイズの厚焼き玉子です。お値段は580円ナリ――。上品な薄い焼き目に、卵の豊かなコク。調味料や出汁は必要最小限にとどめ、甘さもごくごく控えめ。それでいて食感は複雑で主張がある。

「その食感こそ、手焼きの特徴であり、醍醐味です。空気の含み具合が味や出来栄えを左右し、層をつくる。たとえるなら、手焼きはミルフィーユ。焼成機の玉子焼きはプリンのようなツルッとした食感に近いのではないでしょうか」

 とは、3代目見習い中の小島英朗さん(34)。いろいろとお話を伺いました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る