【手焼き玉子焼き専門店 本玉小島】本物の玉子焼きしか並びません

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回はレトロなパッケージからして食欲そそるこちら――。

 手土産に持って行った先で、大人気。「どこの厚焼き?」と多くの人から聞かれました。1974年から場外に店を構え、創業以来、手焼きにこだわる逸品。「本中」と呼ばれる真ん中のサイズの厚焼き玉子です。お値段は580円ナリ――。上品な薄い焼き目に、卵の豊かなコク。調味料や出汁は必要最小限にとどめ、甘さもごくごく控えめ。それでいて食感は複雑で主張がある。

「その食感こそ、手焼きの特徴であり、醍醐味です。空気の含み具合が味や出来栄えを左右し、層をつくる。たとえるなら、手焼きはミルフィーユ。焼成機の玉子焼きはプリンのようなツルッとした食感に近いのではないでしょうか」

 とは、3代目見習い中の小島英朗さん(34)。いろいろとお話を伺いました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  8. 8

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る