• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

土用の丑にウナギが無理なら…「近大ナマズ蒲焼き」の“実力”

 今年の土用の丑の日は、“かば焼き”にありつけるかもしれない。

 マグロの完全養殖を成功させ話題の近畿大が、今度はウナギの“代用品”としてナマズの養殖に挑戦している。

 すでに大手商社などが関心を示しているようで、7月24日の土用の丑に向けて出荷を検討する企業もあるという。「近大ナマズ」が、いまや高級魚となったウナギに取って代わる日は来るのか。同大水産経済学研究室(奈良市)の有路昌彦准教授はこう胸を張る。

「ナマズは非常に丈夫な魚なので、ちょっとしたため池などでも飼育ができます。その上、ウナギに比べ成育期間も短いので、設備さえ整えば大量生産も十分可能です。7月24日の土用の丑の日に多くの地域でナマズが食べられるよう準備を進めているところです」

■白焼きや内臓も美味

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る