土用の丑にウナギが無理なら…「近大ナマズ蒲焼き」の“実力”

公開日:  更新日:

 今年の土用の丑の日は、“かば焼き”にありつけるかもしれない。

 マグロの完全養殖を成功させ話題の近畿大が、今度はウナギの“代用品”としてナマズの養殖に挑戦している。

 すでに大手商社などが関心を示しているようで、7月24日の土用の丑に向けて出荷を検討する企業もあるという。「近大ナマズ」が、いまや高級魚となったウナギに取って代わる日は来るのか。同大水産経済学研究室(奈良市)の有路昌彦准教授はこう胸を張る。

「ナマズは非常に丈夫な魚なので、ちょっとしたため池などでも飼育ができます。その上、ウナギに比べ成育期間も短いので、設備さえ整えば大量生産も十分可能です。7月24日の土用の丑の日に多くの地域でナマズが食べられるよう準備を進めているところです」

■白焼きや内臓も美味

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る