土用の丑にウナギが無理なら…「近大ナマズ蒲焼き」の“実力”

公開日:  更新日:

 今年の土用の丑の日は、“かば焼き”にありつけるかもしれない。

 マグロの完全養殖を成功させ話題の近畿大が、今度はウナギの“代用品”としてナマズの養殖に挑戦している。

 すでに大手商社などが関心を示しているようで、7月24日の土用の丑に向けて出荷を検討する企業もあるという。「近大ナマズ」が、いまや高級魚となったウナギに取って代わる日は来るのか。同大水産経済学研究室(奈良市)の有路昌彦准教授はこう胸を張る。

「ナマズは非常に丈夫な魚なので、ちょっとしたため池などでも飼育ができます。その上、ウナギに比べ成育期間も短いので、設備さえ整えば大量生産も十分可能です。7月24日の土用の丑の日に多くの地域でナマズが食べられるよう準備を進めているところです」

■白焼きや内臓も美味

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る