• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

従業員の経験と雇用形態がポイント「怪しいジム」の見分け方

 パーソナルトレーニングジム「RIZAP(ライザップ)」の「30日間全額返金保証制度」。神戸市のNPO法人が改善を求めた騒動は、ライザップ側が期間内なら理由を問わず返金すると発表したことで落ち着いた。しかし、今は5人に1人がスポーツジムを利用する時代。「週刊新潮」の報道のように2カ月で約37万円も払い、「背骨が折れた」といったトラブルは避けたい。そこで今回は「後悔しないジムの選び方」をリサーチ。

■イメージだけで決めると失敗する

「パーソナルジムはテレビCMなど、イメージだけで決めると失敗します。ポイントは面倒くさがらず見学に行き、トレーナーの良し悪しを自分の目で確かめること。実際に世間話をしてみると短時間でも得られる情報は少なくありません」

 こう言うのは元ライザップトレーナーの根岸隆司氏(37)。現在は横浜市で自身のジム「180BodyDesign」を経営している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る