従業員の経験と雇用形態がポイント「怪しいジム」の見分け方

公開日:  更新日:

 パーソナルトレーニングジム「RIZAP(ライザップ)」の「30日間全額返金保証制度」。神戸市のNPO法人が改善を求めた騒動は、ライザップ側が期間内なら理由を問わず返金すると発表したことで落ち着いた。しかし、今は5人に1人がスポーツジムを利用する時代。「週刊新潮」の報道のように2カ月で約37万円も払い、「背骨が折れた」といったトラブルは避けたい。そこで今回は「後悔しないジムの選び方」をリサーチ。

■イメージだけで決めると失敗する

「パーソナルジムはテレビCMなど、イメージだけで決めると失敗します。ポイントは面倒くさがらず見学に行き、トレーナーの良し悪しを自分の目で確かめること。実際に世間話をしてみると短時間でも得られる情報は少なくありません」

 こう言うのは元ライザップトレーナーの根岸隆司氏(37)。現在は横浜市で自身のジム「180BodyDesign」を経営している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る