• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

島根で警察が口頭注意…呪いの「わら人形」逮捕の境界線は?

 わら人形を木に打ちつけた男性が、警察から注意を受けて話題になっている。

 島根県松江市で起きた騒ぎで、4月16日に市内の緑地公園の木にわら人形が2体刺さっているのを小学生が発見。人形は縦約30センチ、横約20センチで地面から1.5メートルのところにあった。警察の捜査によって市内の50代男性が打ちつけたことが判明した。

「問題は人形の顔の部分に切り取られた成人女性の顔写真が貼られ、顔や胸に複数の釘が刺さっていたことです。男性と面識がある女性で、彼のほうが一方的に感情を抱いていたとみられている。女性は県外に住んでいるので人形を目撃した可能性は低い。男性は“3月ごろ、自分の気持ちを静めるためにやった”と話しているそうです」

 男性は逮捕されたわけではないが、2007年には岡山で同僚女性にわら人形を送りつけた女が罰金刑を受けている。また、「丑の刻参り」のわら人形セットは十数年前からネット通販などで売られている。誰もが人形を買って呪いをかけることができるわけだが、気になるのは犯罪性だ。元東京地検検事で弁護士の落合洋司氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る