アポロチョコが転じて…国民的お菓子「きのこの山」誕生秘話

公開日: 更新日:

 板チョコやチョコバーが全盛だった1975年、ユーモラスな見た目のチョコスナックが売り出された。焼き菓子とチョコレートを組み合わせた商品は、ポッキーぐらいしかなかった時代。チョコの傘とクラッカーの軸をひとつにした「きのこの山」はモーレツに売れた。

「具体的な数字は残っていないのですが、お菓子の新製品の販売記録を塗り替えたと聞いています。製造ラインがあった大阪工場には、営業担当者から納品を催促する電話がじゃんじゃん入った。工場はフル稼働でラインも増やして対応。それでも間に合わないほどだったようです」

 株式会社「明治」の菓子商品開発部・森永寛さんが言う。

 時代は高度経済成長期。暮らしの欧米化に伴って、お菓子もスタイリッシュになり、英語の名前が当たり前だった。そんな流れに逆らう純和風の名前、ユーモラスな形状、里山をイメージしたパッケージ……。「きのこの山」の発売に際し、社内では慎重に議論が重ねられたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  4. 4

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  9. 9

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る