アポロチョコが転じて…国民的お菓子「きのこの山」誕生秘話

公開日:  更新日:

 板チョコやチョコバーが全盛だった1975年、ユーモラスな見た目のチョコスナックが売り出された。焼き菓子とチョコレートを組み合わせた商品は、ポッキーぐらいしかなかった時代。チョコの傘とクラッカーの軸をひとつにした「きのこの山」はモーレツに売れた。

「具体的な数字は残っていないのですが、お菓子の新製品の販売記録を塗り替えたと聞いています。製造ラインがあった大阪工場には、営業担当者から納品を催促する電話がじゃんじゃん入った。工場はフル稼働でラインも増やして対応。それでも間に合わないほどだったようです」

 株式会社「明治」の菓子商品開発部・森永寛さんが言う。

 時代は高度経済成長期。暮らしの欧米化に伴って、お菓子もスタイリッシュになり、英語の名前が当たり前だった。そんな流れに逆らう純和風の名前、ユーモラスな形状、里山をイメージしたパッケージ……。「きのこの山」の発売に際し、社内では慎重に議論が重ねられたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る