“被害”続出の「おっさん盗撮」 撮られた男性は訴えられる?

公開日: 更新日:

 若い女性が電車内などで見かけたおっさんをスマホで盗撮し、「気持ち悪い」などという文章を添えてツイッターなどにアップする。こんな被害が相次いでいる。

「むかし、女子中高生などがテレクラに電話をかけて男性を呼び出し、それを隠れて眺めてはあざ笑うというイタズラがありました。『おっさん盗撮』は、それのツイッター版のようなものです」

 こう言うのは、ITジャーナリストの井上トシユキ氏。テレクラを使ったイタズラと違うのは、被害を受けるおっさんには、何の落ち度もスケベ心もないという点だ。しかも、“被害者”が知らないうちに、どんどんネットで拡散してしまうのだから怖い。

「たとえば、通勤電車で居眠りしている男性を女性が盗撮し、“ハゲオヤジ”などと書いてネット上に写真を載せる。ただ髪が薄いとか太っているというだけで、何も悪いことをしていないにもかかわらず、です。コンビニで雑誌を立ち読みしている男性を女性が盗撮して、“エロ本を立ち読みしてる”などとしてネットにさらされたケースでは、ネット上で“いまのコンビニではエロ本は紐で縛ってあるので立ち読みできない”と指摘されていました。つまり完全な“冤罪”です」(井上氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  10. 9

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る