“被害”続出の「おっさん盗撮」 撮られた男性は訴えられる?

公開日:  更新日:

 若い女性が電車内などで見かけたおっさんをスマホで盗撮し、「気持ち悪い」などという文章を添えてツイッターなどにアップする。こんな被害が相次いでいる。

「むかし、女子中高生などがテレクラに電話をかけて男性を呼び出し、それを隠れて眺めてはあざ笑うというイタズラがありました。『おっさん盗撮』は、それのツイッター版のようなものです」

 こう言うのは、ITジャーナリストの井上トシユキ氏。テレクラを使ったイタズラと違うのは、被害を受けるおっさんには、何の落ち度もスケベ心もないという点だ。しかも、“被害者”が知らないうちに、どんどんネットで拡散してしまうのだから怖い。

「たとえば、通勤電車で居眠りしている男性を女性が盗撮し、“ハゲオヤジ”などと書いてネット上に写真を載せる。ただ髪が薄いとか太っているというだけで、何も悪いことをしていないにもかかわらず、です。コンビニで雑誌を立ち読みしている男性を女性が盗撮して、“エロ本を立ち読みしてる”などとしてネットにさらされたケースでは、ネット上で“いまのコンビニではエロ本は紐で縛ってあるので立ち読みできない”と指摘されていました。つまり完全な“冤罪”です」(井上氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る