“お墓事情”に異変 「ゆうパックで納骨3万円」が最新スタイル

公開日: 更新日:

■墓じまいとセットで手元供養や合祀墓に

 実は、ゆうパックはお骨の送付が可能で、定款で認められている! それを使った「送骨」を行っているのが、埼玉県熊谷市にある見性院だ。

「ご契約いただくと、当院にお骨を送るための専用段ボールとゆうパック送付状をお送りします。送骨方法マニュアルの通り、お骨を納めて送り返していただくと、本堂にて俗名で供養。合祀墓に納骨するのです。サービスを始めて1年ですが、北海道から九州までお問い合わせがあります。お体が不自由でなかなかお参りできない方が最愛の方を亡くされるケースが、典型的な利用パターン。お子さんがなくて、墓じまいとあわせて利用されるケースもあります」(見性院事務担当者)

 送骨には、すぐに供養して納骨する「合同納骨」と、10年間骨壺に保管してから納骨する「個別納骨」があって、料金はそれぞれ3万円と10万円だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る