1500円でも人気の目薬 女性の悩み払拭した意外なパーツは

公開日: 更新日:

 苦手なパソコンで目がショボショボ。こんなときに薬局に行くと困惑する。疲れ目に効果がある目薬を探そうにも、「充血」「ピント調節」「潤い」など用途目的別に軽く30種はある。しかも特価品198円から最高額は1500円までズラリ。

「こちらは女性に人気で、海外のお客さまがお土産にまとめ買いされることも多いですよ」と、店員が差し出してきたのが、最高額である参天製薬の「サンテ ボーティエ」。

 メーカーに人気の理由を聞くと、ミソは先端ノズルにあった。この商品のために先端が細い富士山形を新開発したのだ。

「人間の結膜嚢(まぶたの裏から白目にかけて袋状になっている部分)の容量は30マイクロリットルと言われています。弊社では瞳全体に行きわたる十分な量として点眼薬の1滴量は30~50マイクロリットルとしています。ですが、先端ノズルが細いボーティエでは1割減の27~45マイクロリットルとしました」(参天製薬薬粧事業部・上浪可怜さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る