1500円でも人気の目薬 女性の悩み払拭した意外なパーツは

公開日:  更新日:

 苦手なパソコンで目がショボショボ。こんなときに薬局に行くと困惑する。疲れ目に効果がある目薬を探そうにも、「充血」「ピント調節」「潤い」など用途目的別に軽く30種はある。しかも特価品198円から最高額は1500円までズラリ。

「こちらは女性に人気で、海外のお客さまがお土産にまとめ買いされることも多いですよ」と、店員が差し出してきたのが、最高額である参天製薬の「サンテ ボーティエ」。

 メーカーに人気の理由を聞くと、ミソは先端ノズルにあった。この商品のために先端が細い富士山形を新開発したのだ。

「人間の結膜嚢(まぶたの裏から白目にかけて袋状になっている部分)の容量は30マイクロリットルと言われています。弊社では瞳全体に行きわたる十分な量として点眼薬の1滴量は30~50マイクロリットルとしています。ですが、先端ノズルが細いボーティエでは1割減の27~45マイクロリットルとしました」(参天製薬薬粧事業部・上浪可怜さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る