1500円でも人気の目薬 女性の悩み払拭した意外なパーツは

公開日:  更新日:

 苦手なパソコンで目がショボショボ。こんなときに薬局に行くと困惑する。疲れ目に効果がある目薬を探そうにも、「充血」「ピント調節」「潤い」など用途目的別に軽く30種はある。しかも特価品198円から最高額は1500円までズラリ。

「こちらは女性に人気で、海外のお客さまがお土産にまとめ買いされることも多いですよ」と、店員が差し出してきたのが、最高額である参天製薬の「サンテ ボーティエ」。

 メーカーに人気の理由を聞くと、ミソは先端ノズルにあった。この商品のために先端が細い富士山形を新開発したのだ。

「人間の結膜嚢(まぶたの裏から白目にかけて袋状になっている部分)の容量は30マイクロリットルと言われています。弊社では瞳全体に行きわたる十分な量として点眼薬の1滴量は30~50マイクロリットルとしています。ですが、先端ノズルが細いボーティエでは1割減の27~45マイクロリットルとしました」(参天製薬薬粧事業部・上浪可怜さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る