“国民的飲料”カルピスが95年間守り続ける「4つの本質」

公開日: 更新日:

「初恋の味って、こんな味なのかな?」と、思いを馳せながら飲んだ子供の頃が懐かしい。

 日本初の乳酸菌飲料「カルピス」が発売されたのは、1919(大正8)年の七夕の日。創業者である三島海雲(1878~1974)が青年時代、内モンゴルの遊牧民が毎日のように飲んでいた酸乳(家畜の乳を乳酸菌で発酵させたもの)と出合い、そのおいしさと健康効果を実感したのが始まりだった。

 三島は発売に際して、カルピスの本質は「おいしいこと」「滋養になること」「安心感のあること」「経済的であること」の4つだと唱えた。

 それから95年。カルピスが“国民的飲料”となった秘訣は――。

「創業者が唱えた4原則をわれわれ社員も信じて、消費者に繰り返し伝えてきたことが一番だと思います」と言うマーケティング本部・篠崎聡史課長(写真)がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る