• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“国民的飲料”カルピスが95年間守り続ける「4つの本質」

「初恋の味って、こんな味なのかな?」と、思いを馳せながら飲んだ子供の頃が懐かしい。

 日本初の乳酸菌飲料「カルピス」が発売されたのは、1919(大正8)年の七夕の日。創業者である三島海雲(1878~1974)が青年時代、内モンゴルの遊牧民が毎日のように飲んでいた酸乳(家畜の乳を乳酸菌で発酵させたもの)と出合い、そのおいしさと健康効果を実感したのが始まりだった。

 三島は発売に際して、カルピスの本質は「おいしいこと」「滋養になること」「安心感のあること」「経済的であること」の4つだと唱えた。

 それから95年。カルピスが“国民的飲料”となった秘訣は――。

「創業者が唱えた4原則をわれわれ社員も信じて、消費者に繰り返し伝えてきたことが一番だと思います」と言うマーケティング本部・篠崎聡史課長(写真)がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る