「とんがりコーン」ターゲットは小学生をもつ母親世代

公開日:  更新日:

 三角錐の形でおなじみのロングセラー。カリッと軽くて香ばしいコーンスナック、「とんがりコーン」(ハウス食品)が好調だ。定番の「あっさり塩」「焼とうもろこし」を主力に、2014年度はシリーズ計数量(箱換算)で5000万箱以上を売り上げた。今年7月からは新たな仕様で発売。9月には新バラエティー「パンプキンバター味」が登場する(7日発売)。

 原型はアメリカのスナック菓子。「とんがりコーン」は1978年、米国ゼネラルミルズ社との技術提携によって誕生した。

「ゼネラルミルズ社の商品(ビューグルス)は世界で展開されていたが、とんがりコーンは技術提携なので、基本的な製法や三角錐の形状は同じでも、配合や食感はハウス独自のもの。パッケージも独自性を出すため、持ちやすい六角形の箱を採用した」(事業戦略本部の磯部雅彦氏)


 とにかく個性的。まさにとんがり帽子のような形状は、つい重ねたり指にはめて食べたくなる。そう、とんがりコーンは「香ばしいコーンのおいしさ」と「遊び心」を訴求するブランドであり、ヒットの要因もそこにある。79年から続くテレビCMは一貫して、まるごとコーンのおいしさと、容量たっぷりだからみんなで楽しく食べられることを伝える内容。カリッと食べる効果音も必ず入っている。フレーバー展開は82年にスタートし、80年代後半以降は定番2品にバラエティー(年4~5回投入)を加えた全3品体制に。バラエティーはチーズやバター、マヨネーズ系など子どもウケする味が多い。これも戦略だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る