「とんがりコーン」ターゲットは小学生をもつ母親世代

公開日:  更新日:

 三角錐の形でおなじみのロングセラー。カリッと軽くて香ばしいコーンスナック、「とんがりコーン」(ハウス食品)が好調だ。定番の「あっさり塩」「焼とうもろこし」を主力に、2014年度はシリーズ計数量(箱換算)で5000万箱以上を売り上げた。今年7月からは新たな仕様で発売。9月には新バラエティー「パンプキンバター味」が登場する(7日発売)。

 原型はアメリカのスナック菓子。「とんがりコーン」は1978年、米国ゼネラルミルズ社との技術提携によって誕生した。

「ゼネラルミルズ社の商品(ビューグルス)は世界で展開されていたが、とんがりコーンは技術提携なので、基本的な製法や三角錐の形状は同じでも、配合や食感はハウス独自のもの。パッケージも独自性を出すため、持ちやすい六角形の箱を採用した」(事業戦略本部の磯部雅彦氏)


 とにかく個性的。まさにとんがり帽子のような形状は、つい重ねたり指にはめて食べたくなる。そう、とんがりコーンは「香ばしいコーンのおいしさ」と「遊び心」を訴求するブランドであり、ヒットの要因もそこにある。79年から続くテレビCMは一貫して、まるごとコーンのおいしさと、容量たっぷりだからみんなで楽しく食べられることを伝える内容。カリッと食べる効果音も必ず入っている。フレーバー展開は82年にスタートし、80年代後半以降は定番2品にバラエティー(年4~5回投入)を加えた全3品体制に。バラエティーはチーズやバター、マヨネーズ系など子どもウケする味が多い。これも戦略だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る