専門家指南 “アスペルガー症候群”社員は「得意分野」で生きる

公開日: 更新日:

 スティーブ・ジョブズもビル・ゲイツもこの病気の診断を受けていた。モーツァルトもアインシュタインも同様だった。最近よく耳にする、アスペルガー症候群のことだ。脳の機能の偏りが引き起こす発達障害のひとつだが、記憶力がいいなど知能は高い人が多い。

 今や日本での発症者数は「60人に1人」のデータもあるが、実数はもっと多いという見方が強い。職場では“コミュニケーションが苦手”で“孤立しがち”。大半が“ちょっと変わった男”と見られている。なぜなら、彼らの行動、言動が実に特徴的だからだ。たとえば――。

・周囲とのコミュニケーションが下手
・職場でKY発言が多い
・仕事の優先順位を付けるのが苦手
・完璧主義で仕事がはかどらない
・荷物が多い
・遅刻が多い
・一方的にしゃべり、他人に口を挟ませない

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る