専門家指南 “アスペルガー症候群”社員は「得意分野」で生きる

公開日:  更新日:

 スティーブ・ジョブズもビル・ゲイツもこの病気の診断を受けていた。モーツァルトもアインシュタインも同様だった。最近よく耳にする、アスペルガー症候群のことだ。脳の機能の偏りが引き起こす発達障害のひとつだが、記憶力がいいなど知能は高い人が多い。

 今や日本での発症者数は「60人に1人」のデータもあるが、実数はもっと多いという見方が強い。職場では“コミュニケーションが苦手”で“孤立しがち”。大半が“ちょっと変わった男”と見られている。なぜなら、彼らの行動、言動が実に特徴的だからだ。たとえば――。

・周囲とのコミュニケーションが下手
・職場でKY発言が多い
・仕事の優先順位を付けるのが苦手
・完璧主義で仕事がはかどらない
・荷物が多い
・遅刻が多い
・一方的にしゃべり、他人に口を挟ませない

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る