シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

米国セレブも注目 音を浴びる「サウンド・バス」の瞑想効果

公開日:  更新日:

 大小さまざまなクリスタルのボウルやゴング(どら)が奏でる玄妙な響きの中で、横になってリラックスする「サウンド・バス」(音浴)の人気がカリフォルニアを中心に急上昇しています。その効果は医学的にも注目されていると、先日、ニューヨーク・タイムズ紙が報じて話題になりました。

 サウンド・バスは、クリスタルボウルやゴングから発振する振動を感じることにより、リラックスして心拍数が下がるもので、ストレスや不安、痛みも軽減するといわれています。それ自体は新しいものではありませんが、長い間、ヒッピーやニューエージに属する“浮世離れした存在”と受け止められてきました。

 しかし、同じようにかつては特別なものだったヨガが定着するとともに、効果的なメディテーション(瞑想)の方法として、さらには音楽心理療法のひとつとしても見直されつつあります。ハリウッドセレブのシャーリーズ・セロン、ロバート・ダウニーJr、ローレンス・フィッシュバーンらが実践していることでも知られています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る