警察官なら日本文化大 「稼げる就職先」に直結する“穴場”大学

公開日: 更新日:

「わが子に少しでもいい大学を」と思うのは親心だろうが、有名大学でなくても就職に直結する穴場があるのだ。中でもオススメは、パイロット養成コースがある東海大、法大、桜美林大。2009~13年度までの卒業者計261人のうち、実に82%の213人がパイロットになっている。

 センター試験で5~6割の得点が合格目安の東海大の場合、2、3年次に提携する米大留学での飛行訓練があって、留学分の学費約1000万円はネックだが、日本航空は今年度から上限500万円の奨学金をスタート。国交省は目下、1000万円の無利子貸し付けを検討している。これらを利用すれば、留学分の学費はペイできる。毎年の学費約170万円は私大理系の相場。親が頑張ればわが子の年収2000万円も夢じゃない。

 現実的なプランなら、警察官と消防官だ。どちらも公務員試験のハードルがあるが、そこを突破した学生はほとんどが私大の中堅クラス以下。表は、警察官と消防官について、各大学の卒業者数に対する就職者数の割合をリストアップしたもの(大学通信調べ)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  2. 2

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  7. 7

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  8. 8

    NHKに焦り?22年前期朝ドラ「ちむどんどん」早すぎる発表

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    桑名正博さんの周りはイイ女だらけだった

もっと見る