肉が安くなり魚食は減少…TPP発効したら子供の脳にも影響か

公開日: 更新日:

 参加各国の手続きがスンナリ進めばの話だが、来年にも発効するTPP。農水省は15日から各地で分野別の説明会をスタートさせたが、同日都内で開かれたJAグループ全国大会では安倍首相のあいさつにヤジが飛ぶなど、農家の不満が爆発している。

 それも当然で、例えば牛肉だ。

 安倍政権が「聖域」と位置付けていた農業重要5項目のひとつで、関税の撤廃こそ回避されたが、フタを開けてみれば現行38.5%が当初27.5%に。10年目に20%、16年目以降は9%と大幅削減される。スーパーで100グラム200円で売られている米国産牛肉が、TPP発効で184円、16年目以降は157円に値下がる計算だ。

「国内の畜産農家はむろんですが、漁業関係者も戦々恐々です。10円でも節約したい庶民が、安い牛肉に飛びつくのは容易に想像がつくし、牛丼の値下げ合戦だって過熱するはず。そのせいで、日本人の“魚離れ”がさらに進む恐れがあるからです」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  5. 5

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  8. 8

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  9. 9

    自民コロナ陽性も濃厚接触者ゼロ 保健所“上級国民”優遇か

  10. 10

    実父は有名な成功者 菅首相は苦労人どころか“お坊ちゃん”

もっと見る