怪しいメールや行動をこっそり…“スマホ監視”の巧妙手口

公開日:  更新日:

 男と女の関係には、「もろさ」と「はかなさ」が同居する。だから一度、疑い始めたら切りがない。

 先月奈良で、妻の浮気を疑った夫が内緒で妻のスマホに遠隔操作アプリをインストールしたところ、身に覚えのないアプリのアイコンを不審に思われたことから足がつき、警察沙汰になるという事件が起きた。

 何とも詰めが甘い男だが、関係がギクシャクした男女がこの手のアプリを使うケースは決して珍しくはない。ITジャーナリストの井上トシユキ氏が言う。

「浮気や不倫がバレるのは、相手の前でのそわそわした動きや決まった時間のメールやラインのやりとりなど、ちょっとした行動がキッカケ。疑いが確信に変わると、相手のスマホに遠隔操作アプリなどを仕掛け、やりとりを監視し、自分に有利な条件で離婚するための証拠を集めるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る