怪しいメールや行動をこっそり…“スマホ監視”の巧妙手口

公開日:  更新日:

 男と女の関係には、「もろさ」と「はかなさ」が同居する。だから一度、疑い始めたら切りがない。

 先月奈良で、妻の浮気を疑った夫が内緒で妻のスマホに遠隔操作アプリをインストールしたところ、身に覚えのないアプリのアイコンを不審に思われたことから足がつき、警察沙汰になるという事件が起きた。

 何とも詰めが甘い男だが、関係がギクシャクした男女がこの手のアプリを使うケースは決して珍しくはない。ITジャーナリストの井上トシユキ氏が言う。

「浮気や不倫がバレるのは、相手の前でのそわそわした動きや決まった時間のメールやラインのやりとりなど、ちょっとした行動がキッカケ。疑いが確信に変わると、相手のスマホに遠隔操作アプリなどを仕掛け、やりとりを監視し、自分に有利な条件で離婚するための証拠を集めるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る