• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

怪しいメールや行動をこっそり…“スマホ監視”の巧妙手口

 男と女の関係には、「もろさ」と「はかなさ」が同居する。だから一度、疑い始めたら切りがない。

 先月奈良で、妻の浮気を疑った夫が内緒で妻のスマホに遠隔操作アプリをインストールしたところ、身に覚えのないアプリのアイコンを不審に思われたことから足がつき、警察沙汰になるという事件が起きた。

 何とも詰めが甘い男だが、関係がギクシャクした男女がこの手のアプリを使うケースは決して珍しくはない。ITジャーナリストの井上トシユキ氏が言う。

「浮気や不倫がバレるのは、相手の前でのそわそわした動きや決まった時間のメールやラインのやりとりなど、ちょっとした行動がキッカケ。疑いが確信に変わると、相手のスマホに遠隔操作アプリなどを仕掛け、やりとりを監視し、自分に有利な条件で離婚するための証拠を集めるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る