1億円の賠償金も 意外に知らない自転車の「事故と保険」

公開日:  更新日:

 今月、高校生が運転する自転車が48歳の女性にぶつかり、女性が死亡する事故があった。警視庁によると、昨年の自転車と歩行者の事故は全国で2551件あり、その3割の794件が都内で発生している。

 誰でも手軽に乗れる自転車だが、人身事故を起こすリスクは自動車やバイクと変わらないし、被害者に支払う賠償金はとんでもない金額になることもある。自転車事故加害者の代理人を務めたこともある中島章智弁護士が言う。

「法律上は自転車も“車両”です。歩行者を負傷させたりケガをさせた場合、歩行者が飛び出した等の特殊なケースを除き、責任の割合は自転車側が10割とみなされます。そして損害賠償の金額は、ダンプカーで歩行者をひいた場合でも、自転車でひいた場合でも変わりません。被害者が受けた損害に見合う金額を賠償する義務が生じるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る