痴漢冤罪、近所トラブル…需要急増「ミニ保険」の賢い選び方

公開日: 更新日:

 痴漢冤罪やご近所トラブル――。いま、こんな突発的な状況に対応できるユニークな保険がウケている。

 通称、「ミニ保険」(少額短期保険)。うまく活用すればイザというときの心配は無用だ。保険に詳しいファイナンシャルプランナーの長尾義弘氏が言う。

「その名の通り、少額で短期間の保険です。掛け金は数百円からある。生命保険・医療保険は1年、損害保険なら2年間に限られています。被保険者1人につき引き受けられる保険金の上限は1000万円まで。各自の目的に合ったユニークな保険が近年、話題になっています」

 ミニ保険を扱うのは、第3の保険会社と呼ばれる少額短期保険会社だ。06年4月、保険業法改正によりスタート。ほとんどがネット申し込み。面倒な手続きはいらないのも、人気の理由だという。

 実際、どんな商品があるのか? 対象ごとに“検討の価値アリ”の保険を長尾氏にピックアップしてもらうと――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  5. 5

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  8. 8

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  9. 9

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  10. 10

    MLB新ルールにダルは反論 不正投球蔓延は投手コーチが元凶

もっと見る