痴漢冤罪、近所トラブル…需要急増「ミニ保険」の賢い選び方

公開日:  更新日:

 痴漢冤罪やご近所トラブル――。いま、こんな突発的な状況に対応できるユニークな保険がウケている。

 通称、「ミニ保険」(少額短期保険)。うまく活用すればイザというときの心配は無用だ。保険に詳しいファイナンシャルプランナーの長尾義弘氏が言う。

「その名の通り、少額で短期間の保険です。掛け金は数百円からある。生命保険・医療保険は1年、損害保険なら2年間に限られています。被保険者1人につき引き受けられる保険金の上限は1000万円まで。各自の目的に合ったユニークな保険が近年、話題になっています」

 ミニ保険を扱うのは、第3の保険会社と呼ばれる少額短期保険会社だ。06年4月、保険業法改正によりスタート。ほとんどがネット申し込み。面倒な手続きはいらないのも、人気の理由だという。

 実際、どんな商品があるのか? 対象ごとに“検討の価値アリ”の保険を長尾氏にピックアップしてもらうと――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る