「バナー広告」表示だけでアウト 進化する不正送金の手口

公開日: 更新日:

 インターネットをしていたら、知らないうちにネット銀行のパスワードなどを盗まれ、預金をどこかに送金される被害が相次いでいる。不正送金の被害額は、今年上半期だけで15億円に上る。その原因として、注目されているのが、あらゆるサイトに組み込まれているバナー広告なのだ。

■誰もが使うサイトにワナがある

 セキュリティーソフト大手「トレンドマイクロ」シニアスペシャリスト・森本純氏が言う。

「従来は、バナー広告をクリックしたら、ニセのサイトに誘導され、そこでいろいろな情報を入力させて個人情報を奪う手口でした。最近は、手口がさらに進化していて、悪意あるバナー広告がサイトに表示された瞬間、ユーザーのパソコンの“穴”をつく攻撃が仕掛けられます。万が一、“穴”が発見されると、不正プログラムがダウンロードされてしまうのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  8. 7

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  9. 8

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  10. 9

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  11. 10

    チャンミン結婚へ 東方神起とJYJにみる韓国芸能界の光と影

もっと見る