• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

急増する“暴力老人” 突然キレられた時にどう対処する

 突然ブチ切れ、暴行や傷害事件を引き起こす高齢者が後を絶たない。芥川賞作家の藤原智美氏は、8年前に著した「暴走老人!」の中で、暴力的な行動に走りがちな高齢者が増殖中と指摘し、彼らを“新老人”と呼んだ。新老人たちはその後も増殖し続け、隣人相手や病院・駅で突然、キレて相手に食ってかかる。時には手を出し足も出す。殺傷事件も発生していて、厄介この上ない。

■病院内で難癖・暴言

 実際、高齢者の検挙例は、隣人トラブルだけでも枚挙にいとまがない。

 最近では先月、70歳の容疑者が逮捕された「近隣住民の電話の音声を勝手に録音し大音量で流し逮捕=東京・府中市」の事件が記憶に新しい。千葉県では生活排水のトラブルから、76歳の老人が73歳の隣人を池に転落させた。

 患者の半数以上が高齢者という都内の大学病院では、高齢者の暴言・暴力行為対策に院内交番を設置する施設もある。「待ち時間が長い」「言葉遣いがなっとらん」などと、看護師や事務員相手に難癖をつける老人が少なくないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  4. 4

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る