• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

急増する“暴力老人” 突然キレられた時にどう対処する

 突然ブチ切れ、暴行や傷害事件を引き起こす高齢者が後を絶たない。芥川賞作家の藤原智美氏は、8年前に著した「暴走老人!」の中で、暴力的な行動に走りがちな高齢者が増殖中と指摘し、彼らを“新老人”と呼んだ。新老人たちはその後も増殖し続け、隣人相手や病院・駅で突然、キレて相手に食ってかかる。時には手を出し足も出す。殺傷事件も発生していて、厄介この上ない。

■病院内で難癖・暴言

 実際、高齢者の検挙例は、隣人トラブルだけでも枚挙にいとまがない。

 最近では先月、70歳の容疑者が逮捕された「近隣住民の電話の音声を勝手に録音し大音量で流し逮捕=東京・府中市」の事件が記憶に新しい。千葉県では生活排水のトラブルから、76歳の老人が73歳の隣人を池に転落させた。

 患者の半数以上が高齢者という都内の大学病院では、高齢者の暴言・暴力行為対策に院内交番を設置する施設もある。「待ち時間が長い」「言葉遣いがなっとらん」などと、看護師や事務員相手に難癖をつける老人が少なくないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る