論文多数 「安静時心拍数」の低い子供はなぜ暴力的に?

公開日:  更新日:

 国内外で凶悪犯罪が相次いでいる。無差別テロや子供をターゲットにした残忍な手口での殺人など、枚挙にいとまがない。そんななか、医学的アプローチで将来の暴力犯罪を予知・予防する研究が進んでいるという。

■凶悪犯に見られる身体的特徴とは?

「凶悪な犯罪を起こす人物には共通した身体的特徴があると考えられています。もっとも有名なのが安静時心拍数です。子供のころにこの数値が低い人は、暴力的になりやすいとの研究報告がなされています」

 こういうのは法政大学文学部心理学科(犯罪心理学)の越智啓太教授だ。

 実際、米国の精神医学雑誌「JAMAサイカイアトリー」に最近掲載されたスウェーデン・カロリンスカ研究所とフィンランド・ヘルシンキ大学の共同研究によると、安静時心拍数が最も低かった(毎分60回以下)男性は、最高の男性(毎分83回以上)と比べて、暴力犯罪あるいは非暴力犯罪によって有罪を受ける割合がそれぞれ39%、25%も高かったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る