• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

論文多数 「安静時心拍数」の低い子供はなぜ暴力的に?

 国内外で凶悪犯罪が相次いでいる。無差別テロや子供をターゲットにした残忍な手口での殺人など、枚挙にいとまがない。そんななか、医学的アプローチで将来の暴力犯罪を予知・予防する研究が進んでいるという。

■凶悪犯に見られる身体的特徴とは?

「凶悪な犯罪を起こす人物には共通した身体的特徴があると考えられています。もっとも有名なのが安静時心拍数です。子供のころにこの数値が低い人は、暴力的になりやすいとの研究報告がなされています」

 こういうのは法政大学文学部心理学科(犯罪心理学)の越智啓太教授だ。

 実際、米国の精神医学雑誌「JAMAサイカイアトリー」に最近掲載されたスウェーデン・カロリンスカ研究所とフィンランド・ヘルシンキ大学の共同研究によると、安静時心拍数が最も低かった(毎分60回以下)男性は、最高の男性(毎分83回以上)と比べて、暴力犯罪あるいは非暴力犯罪によって有罪を受ける割合がそれぞれ39%、25%も高かったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る