定年後の「アル中予備軍」 タモリ好き&元広報マンは要注意

公開日:  更新日:

 アルコール依存症患者のうち、4人に1人は60歳以上。定年退職後に依存症になりやすい人は、現役会社員の頃からある程度予想がつくという。

 国内のアルコール依存症患者は約80万人。疑いも含めれば、440万人とされる。

「定年は人生における最大の転機。我々の連盟に相談をしてくる高齢者は確実に増えています」

 こう話すのは、公益社団法人「全日本断酒連盟」事務局の大槻元氏だ。同連盟は、一人では酒を断ち切れない人たちを支援している。

「ただし、いきなりアルコール依存症になる人はいません。例えば、現役の頃に広報マンをやっていて、酒が仕事と密接に結びついていた人。ゴルフ場で昼からビールを飲んでいるような人。友人は多いが、その全員が飲酒するといった人は気を付けた方がいいでしょう。確実なことは言えませんが、40代、50代の現役の頃の生活スタイルを見れば、性格的な面も含め、アルコール依存症になる人はある程度見分けられます」(大槻氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

もっと見る