日本人の「心の健康寿命」 なぜ50歳で止まるのか?

公開日:  更新日:

 日本人の平均寿命は男性80.50歳、女性86.83歳だ。世界と比べても男性は香港、アイスランドに続く3位、女性は堂々の1位だ。

 しかし、長く生きても病気で寝たきりだったり、常に耳鳴りがしているような状態では長寿が逆にアダとなる。一方、アメリカでは1957年から「健康寿命」(障害のない期間)の統計を取っており、長生き年齢より重視する傾向がある。遅まきながらWHO(世界保健機関)も00年から「健康寿命」を言い始めている。

 厚労省によると、日本人の健康寿命(10年)は男性70.42歳、女性73.62歳。つまり、男性は65歳定年から5.4年後には、体のどこかにガタがきて、そこから10年ほどは病院通いになったり、介護者に支えられながら生きていくことになる。

 だから国は健康年齢を上げようと禁煙やメタボ検診などを促しているのだが、この健康寿命という概念も今では古い。体の健康もいいが、日本人に必要なのは、友人と語らったり、地域社会の行事に積極的に参加したりする「心の健康寿命」の方なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る