ボケ防止、心疾患の早期発見も 最新型「心拍計」の実力

公開日:  更新日:

 今、腕時計型の心拍計が人気だ。

 マラソンランナー専用というイメージだったが、最近は「スマートウオッチ」と呼ばれ、ダイエットやボケ防止に便利なツールとして注目されている。

 ポラール社から12月に発売された最新機種は現在欠品状態。日常使いできるコンパクトなデザインと使いやすさで予想以上の売れ行きだという。

 心拍計は、日々の運動が、自分にとってどのくらいの負荷なのかを瞬時に見られるのが利点だ。

 自分の心拍数の最高値を100として、その65~75%なら有酸素運動、75%超になると無酸素運動になる。

 有酸素運動は、脂肪をエネルギーにするのでダイエットに一番効果的だ。酸素が有効に全身を巡るので、「ボケ防止」にもいいといわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る