ボケ防止、心疾患の早期発見も 最新型「心拍計」の実力

公開日: 更新日:

 今、腕時計型の心拍計が人気だ。

 マラソンランナー専用というイメージだったが、最近は「スマートウオッチ」と呼ばれ、ダイエットやボケ防止に便利なツールとして注目されている。

 ポラール社から12月に発売された最新機種は現在欠品状態。日常使いできるコンパクトなデザインと使いやすさで予想以上の売れ行きだという。

 心拍計は、日々の運動が、自分にとってどのくらいの負荷なのかを瞬時に見られるのが利点だ。

 自分の心拍数の最高値を100として、その65~75%なら有酸素運動、75%超になると無酸素運動になる。

 有酸素運動は、脂肪をエネルギーにするのでダイエットに一番効果的だ。酸素が有効に全身を巡るので、「ボケ防止」にもいいといわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る