日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ボケ防止、心疾患の早期発見も 最新型「心拍計」の実力

 今、腕時計型の心拍計が人気だ。

 マラソンランナー専用というイメージだったが、最近は「スマートウオッチ」と呼ばれ、ダイエットやボケ防止に便利なツールとして注目されている。

 ポラール社から12月に発売された最新機種は現在欠品状態。日常使いできるコンパクトなデザインと使いやすさで予想以上の売れ行きだという。

 心拍計は、日々の運動が、自分にとってどのくらいの負荷なのかを瞬時に見られるのが利点だ。

 自分の心拍数の最高値を100として、その65~75%なら有酸素運動、75%超になると無酸素運動になる。

 有酸素運動は、脂肪をエネルギーにするのでダイエットに一番効果的だ。酸素が有効に全身を巡るので、「ボケ防止」にもいいといわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事