ボケ防止、心疾患の早期発見も 最新型「心拍計」の実力

公開日: 更新日:

 今、腕時計型の心拍計が人気だ。

 マラソンランナー専用というイメージだったが、最近は「スマートウオッチ」と呼ばれ、ダイエットやボケ防止に便利なツールとして注目されている。

 ポラール社から12月に発売された最新機種は現在欠品状態。日常使いできるコンパクトなデザインと使いやすさで予想以上の売れ行きだという。

 心拍計は、日々の運動が、自分にとってどのくらいの負荷なのかを瞬時に見られるのが利点だ。

 自分の心拍数の最高値を100として、その65~75%なら有酸素運動、75%超になると無酸素運動になる。

 有酸素運動は、脂肪をエネルギーにするのでダイエットに一番効果的だ。酸素が有効に全身を巡るので、「ボケ防止」にもいいといわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  7. 7

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  8. 8

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

もっと見る