ボケ防止、心疾患の早期発見も 最新型「心拍計」の実力

公開日: 更新日:

 今、腕時計型の心拍計が人気だ。

 マラソンランナー専用というイメージだったが、最近は「スマートウオッチ」と呼ばれ、ダイエットやボケ防止に便利なツールとして注目されている。

 ポラール社から12月に発売された最新機種は現在欠品状態。日常使いできるコンパクトなデザインと使いやすさで予想以上の売れ行きだという。

 心拍計は、日々の運動が、自分にとってどのくらいの負荷なのかを瞬時に見られるのが利点だ。

 自分の心拍数の最高値を100として、その65~75%なら有酸素運動、75%超になると無酸素運動になる。

 有酸素運動は、脂肪をエネルギーにするのでダイエットに一番効果的だ。酸素が有効に全身を巡るので、「ボケ防止」にもいいといわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る