日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

原油価格急落なのに…まだ高い電気料金には“仕掛け”あり

 来年4月に始まる電力の小売り自由化に向け、新規参入の東京ガスが料金メニューを発表。東京電力と比べ、かなり割安だ。一戸建て住宅3人家族の平均使用料(月392キロワット)で試算すると、現在の東電の料金より年間5000円程度安くなるという。

 企業努力によって料金が安くなる証拠で、東電もウカウカしている場合じゃない。原油価格は昨年夏に1バレル=100ドルを超えていたが、1年半で3分の1になるほど急落。当然、火力発電コストも大幅に縮減したはずなのに、料金を払う身には原油安の恩恵はちっとも実感できない。

 それもそのはず。東電の電気料金のうち、火力燃料の価格変動を迅速に反映するタテマエの「燃料費調整単価」の値下げ幅は、原油の急落幅と比べてグッと少ない。

 そのため、東電の平均モデル(従量電灯B・30アンペア、月使用量290キロワット)の料金も今年1月の8417円から来年1月は7481円と、1年間の値下げ幅は約11%減に過ぎない。この1年でレギュラーガソリンは1リットル=150円台から120円台を割り込む水準まで下落。2割以上も値を下げたのとは大違いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事