必見の勝運向上スポット<大久保>

公開日: 更新日:

 ひな流しの神事で有名な和歌山県加太浦の淡嶋神社に行った時、稲川淳二似の宮司さんが「最近、絵馬に書かれている願い事で非常に多いのは『(ジャニーズの)嵐のコンサートのチケットが当たりますように』なんですよねぇ」と話していた。大久保駅から新大久保駅方向に向かって数分、「皆中稲荷神社」(写真)で、それを思い出した。“嵐祈願”の絵馬がめちゃくちゃ多い……。

 ここは江戸時代、徳川将軍家の鉄砲隊に信仰された神社。「皆中」は「かいちゅう」と読むのだが、「みなあたる」の意味がある。江戸時代は「鉄砲の弾が当たる」と捉えたのだろう。そして、現在は勝運向上のパワースポットとして知られているらしい。

 眺めていた数十分の間にも、サラリーマンやら主婦やらご老人やら、ひっきりなしにお参りに来ていた。「勝運」を抜いて見ても、皆中稲荷神社はさりげないたたずまいの神社で、どちらかというと賑やかな大久保にあって、とても静かで落ち着ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る