日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

必見の勝運向上スポット<大久保>

 ひな流しの神事で有名な和歌山県加太浦の淡嶋神社に行った時、稲川淳二似の宮司さんが「最近、絵馬に書かれている願い事で非常に多いのは『(ジャニーズの)嵐のコンサートのチケットが当たりますように』なんですよねぇ」と話していた。大久保駅から新大久保駅方向に向かって数分、「皆中稲荷神社」(写真)で、それを思い出した。“嵐祈願”の絵馬がめちゃくちゃ多い……。

 ここは江戸時代、徳川将軍家の鉄砲隊に信仰された神社。「皆中」は「かいちゅう」と読むのだが、「みなあたる」の意味がある。江戸時代は「鉄砲の弾が当たる」と捉えたのだろう。そして、現在は勝運向上のパワースポットとして知られているらしい。

 眺めていた数十分の間にも、サラリーマンやら主婦やらご老人やら、ひっきりなしにお参りに来ていた。「勝運」を抜いて見ても、皆中稲荷神社はさりげないたたずまいの神社で、どちらかというと賑やかな大久保にあって、とても静かで落ち着ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事