必見の勝運向上スポット<大久保>

公開日:  更新日:

 ひな流しの神事で有名な和歌山県加太浦の淡嶋神社に行った時、稲川淳二似の宮司さんが「最近、絵馬に書かれている願い事で非常に多いのは『(ジャニーズの)嵐のコンサートのチケットが当たりますように』なんですよねぇ」と話していた。大久保駅から新大久保駅方向に向かって数分、「皆中稲荷神社」(写真)で、それを思い出した。“嵐祈願”の絵馬がめちゃくちゃ多い……。

 ここは江戸時代、徳川将軍家の鉄砲隊に信仰された神社。「皆中」は「かいちゅう」と読むのだが、「みなあたる」の意味がある。江戸時代は「鉄砲の弾が当たる」と捉えたのだろう。そして、現在は勝運向上のパワースポットとして知られているらしい。

 眺めていた数十分の間にも、サラリーマンやら主婦やらご老人やら、ひっきりなしにお参りに来ていた。「勝運」を抜いて見ても、皆中稲荷神社はさりげないたたずまいの神社で、どちらかというと賑やかな大久保にあって、とても静かで落ち着ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る