• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

必見の勝運向上スポット<大久保>

 ひな流しの神事で有名な和歌山県加太浦の淡嶋神社に行った時、稲川淳二似の宮司さんが「最近、絵馬に書かれている願い事で非常に多いのは『(ジャニーズの)嵐のコンサートのチケットが当たりますように』なんですよねぇ」と話していた。大久保駅から新大久保駅方向に向かって数分、「皆中稲荷神社」(写真)で、それを思い出した。“嵐祈願”の絵馬がめちゃくちゃ多い……。

 ここは江戸時代、徳川将軍家の鉄砲隊に信仰された神社。「皆中」は「かいちゅう」と読むのだが、「みなあたる」の意味がある。江戸時代は「鉄砲の弾が当たる」と捉えたのだろう。そして、現在は勝運向上のパワースポットとして知られているらしい。

 眺めていた数十分の間にも、サラリーマンやら主婦やらご老人やら、ひっきりなしにお参りに来ていた。「勝運」を抜いて見ても、皆中稲荷神社はさりげないたたずまいの神社で、どちらかというと賑やかな大久保にあって、とても静かで落ち着ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る