日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

24歳、37歳、50歳、63歳…提唱者に聞いた「男の新厄年」

 男の大厄は数え年で42歳、女は同じく33歳。厄年には神社で厄払いをしてもらい……。コレが旧来の厄年だった。ところが、最近、健康面のデータを重視して生まれた“新厄年”が注目され始めた。いったい、どんなものなのか? 提唱したエミリオ森口クリニック(五反田)の板倉弘重理事長に聞いた。

「厄年の歴史は平安時代までさかのぼり、“厄年のときは健康上のトラブルや身の回りで問題が起きやすいから気を付けよう”と言われてきました。だから、健康や家族のことを振り返るいい機会だとも。ただ、これは日本人の平均寿命が40代や50代のころの話。男女とも80歳を超えた現代でも同じ考え方でいいのか? これが新厄年研究の出発点でした」(板倉理事長)

 確かに“人生五十年”時代の50歳と、“平均寿命80歳”時代の50歳が同じとは思えない。後者の人生のゴールは、まだ30年も先なのだ。実際、最近の60代は見た目も現実も、オジイサンに見えない人が山ほどいる。そこで板倉理事長らは総計75万人に及ぶ患者のレセプトを分析し、病気にかかるなど健康状態が変わった変革点を調査。これをもとに「新厄年」を導き出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事