旅行関係者が教える悪質「格安ツアーバス」の見極め方

公開日:  更新日:

 15人の命を奪ったスキーツアーバス転落事故で、経費削減に走ったバス会社のずさんな安全管理が問題になっている。

 国交省は、2012年に群馬県の関越自動車道で乗客7人が死亡した事故を受けて旅行業法を改正し、バス会社が運行する「高速ツアーバス」に規制をかけた。そのため、多くの中小・零細バス会社は、旅行代理店が販売する基準の緩いツアーの“下請け”に転向したという。もっとも、すべての格安ツアーバスが危ないわけじゃない。バス業界の実態に詳しい旅行業関係者に、匿名で5つの見極め方を教えてもらった。

■電話で「運行指示書」の有無をチェック

「ホームページやパンフレットに、企画と主催で旅行業者の名前が2つ書いてあることがあります。旅行業の免許のある会社が名義貸しし、実態は免許のない会社が企画・主催しているケースがあるので疑った方がいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る