「テプラ」に社運賭けたキングジム 背見出しに着目し成功

公開日: 更新日:

 キングジムの「テプラ」は日本語ラベルライターのパイオニアだ。1988年の発売以来、高い品質とあらゆるシーンに対応する品揃えで国内市場をリードしている。最近では、女性向けの「ガーリーテプラ」(13年発売)が大ヒット。そして今年は、パソコン専用機初の電池駆動でスマホにも対応する機種を発売し、ますます好調である。

 累計販売台数900万台以上。文字を入力することできれいなラベルが簡単につくれるテプラは、いまやキングジムにとって不動の看板商品だが、もともとはファイル・バインダーの専門メーカー。85年にスタートした開発は、社運を懸けたチャレンジだった。

「当時、パソコンが普及し始め、1人1台が当たり前になれば、書類の電子化が進み、紙をとじるためのファイルが売れなくなってしまう。その危機感から、新しい柱をつくるため、電子開発プロジェクトが発足した」(商品開発部開発1課長の堀井信之氏=写真)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  3. 3

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  10. 10

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

もっと見る