「テプラ」に社運賭けたキングジム 背見出しに着目し成功

公開日: 更新日:

 キングジムの「テプラ」は日本語ラベルライターのパイオニアだ。1988年の発売以来、高い品質とあらゆるシーンに対応する品揃えで国内市場をリードしている。最近では、女性向けの「ガーリーテプラ」(13年発売)が大ヒット。そして今年は、パソコン専用機初の電池駆動でスマホにも対応する機種を発売し、ますます好調である。

 累計販売台数900万台以上。文字を入力することできれいなラベルが簡単につくれるテプラは、いまやキングジムにとって不動の看板商品だが、もともとはファイル・バインダーの専門メーカー。85年にスタートした開発は、社運を懸けたチャレンジだった。

「当時、パソコンが普及し始め、1人1台が当たり前になれば、書類の電子化が進み、紙をとじるためのファイルが売れなくなってしまう。その危機感から、新しい柱をつくるため、電子開発プロジェクトが発足した」(商品開発部開発1課長の堀井信之氏=写真)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る