• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大ヒット「キリンのどごし<生>」の勝因は“明るく気軽に”

 キリンビールが販売する「キリンのどごし〈生〉」は、新ジャンルで圧倒的な販売数量を誇るブランドだ。特許技術「ブラウニング製法」により、すっきりしたのどごしと、しっかりしたうまさを両立。だからゴクゴク飲める。イメージは、居酒屋で仲間と楽しむジョッキ生だ。発売10周年を迎えた今年は、1月に大規模なリニューアルを実施するとともに、機能系商品「のどごしオールライト」を投入。季節限定商品も好調で、1~12月の販売数量は対前年比約10%増が見込まれる。

■「仲間と明るく元気に」がコンセプト

 始まりは2000年。「麦芽を使わずにビールをつくる」をテーマに20種類以上の原料を検討し、行き着いたのが「大豆タンパク」であり、ブラウニング製法である。大豆タンパクに糖を加えて加熱することで、深みのある味と香り、黄金の液色を実現し、05年に商品化。発売予定日は4月20日だったが、「明るく元気に」「気軽に楽しむ」というコンセプトから、営業を中心に「お花見の時季に間に合わせたい」との声が上がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る