日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大ヒット「キリンのどごし<生>」の勝因は“明るく気軽に”

 キリンビールが販売する「キリンのどごし〈生〉」は、新ジャンルで圧倒的な販売数量を誇るブランドだ。特許技術「ブラウニング製法」により、すっきりしたのどごしと、しっかりしたうまさを両立。だからゴクゴク飲める。イメージは、居酒屋で仲間と楽しむジョッキ生だ。発売10周年を迎えた今年は、1月に大規模なリニューアルを実施するとともに、機能系商品「のどごしオールライト」を投入。季節限定商品も好調で、1~12月の販売数量は対前年比約10%増が見込まれる。

■「仲間と明るく元気に」がコンセプト

 始まりは2000年。「麦芽を使わずにビールをつくる」をテーマに20種類以上の原料を検討し、行き着いたのが「大豆タンパク」であり、ブラウニング製法である。大豆タンパクに糖を加えて加熱することで、深みのある味と香り、黄金の液色を実現し、05年に商品化。発売予定日は4月20日だったが、「明るく元気に」「気軽に楽しむ」というコンセプトから、営業を中心に「お花見の時季に間に合わせたい」との声が上がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事