大ヒット「キリンのどごし<生>」の勝因は“明るく気軽に”

公開日: 更新日:

 キリンビールが販売する「キリンのどごし〈生〉」は、新ジャンルで圧倒的な販売数量を誇るブランドだ。特許技術「ブラウニング製法」により、すっきりしたのどごしと、しっかりしたうまさを両立。だからゴクゴク飲める。イメージは、居酒屋で仲間と楽しむジョッキ生だ。発売10周年を迎えた今年は、1月に大規模なリニューアルを実施するとともに、機能系商品「のどごしオールライト」を投入。季節限定商品も好調で、1~12月の販売数量は対前年比約10%増が見込まれる。

■「仲間と明るく元気に」がコンセプト

 始まりは2000年。「麦芽を使わずにビールをつくる」をテーマに20種類以上の原料を検討し、行き着いたのが「大豆タンパク」であり、ブラウニング製法である。大豆タンパクに糖を加えて加熱することで、深みのある味と香り、黄金の液色を実現し、05年に商品化。発売予定日は4月20日だったが、「明るく元気に」「気軽に楽しむ」というコンセプトから、営業を中心に「お花見の時季に間に合わせたい」との声が上がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る