ベッキーの会見も 「させていただきます症候群」が蔓延中

公開日:  更新日:

 ベッキーが誰と付き合おうが勝手だが、気になったのは謝罪会見中の言葉遣い。その部分を抜粋すると、「ライブにも行かせていただき」「打ち上げなどでお話もさせていただき」「2人でお食事に行かせていただいたことも」――はて? 誰に対しての許可なのか。

 こうした、過剰な謙譲表現を連発する人を「させていただきます症候群」という。NHK学園の敬語講師、山岸弘子さん(写真)は、「“させていただきます”自体は、明治の文学作品にも確認される言葉ですが、むやみに使うと相手に不快感を与えます」と話す。

 ちなみに辞書を引くと、「自分の行為が相手の許容の範囲にあるという、へりくだった遠慮がちな気持ちを表す。しばしば相手に配慮しながら、自分の一方的な行動や意向を伝えるのに使われる」(明鏡国語辞典)とある。確かに遠慮しながらも、「でも、しますからね!」といった押しつけがましい印象を受ける。山岸氏は使われ方を5つに分類(表)。こう分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る