ベッキーの会見も 「させていただきます症候群」が蔓延中

公開日: 更新日:

 ベッキーが誰と付き合おうが勝手だが、気になったのは謝罪会見中の言葉遣い。その部分を抜粋すると、「ライブにも行かせていただき」「打ち上げなどでお話もさせていただき」「2人でお食事に行かせていただいたことも」――はて? 誰に対しての許可なのか。

 こうした、過剰な謙譲表現を連発する人を「させていただきます症候群」という。NHK学園の敬語講師、山岸弘子さん(写真)は、「“させていただきます”自体は、明治の文学作品にも確認される言葉ですが、むやみに使うと相手に不快感を与えます」と話す。

 ちなみに辞書を引くと、「自分の行為が相手の許容の範囲にあるという、へりくだった遠慮がちな気持ちを表す。しばしば相手に配慮しながら、自分の一方的な行動や意向を伝えるのに使われる」(明鏡国語辞典)とある。確かに遠慮しながらも、「でも、しますからね!」といった押しつけがましい印象を受ける。山岸氏は使われ方を5つに分類(表)。こう分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る